yu/logs/*

技術メモ など

Tableau Desktop Specialistに合格した(ピアソンVUEで)

Tableau Desktop Specialistに合格しました。

2021年10月から?は試験方式が変わり?(追加になり?)、テストセンターで受けられるようになりつつ実技もなくなったようですが、Web上で新方式の話をあまり見かけなかったので、一応個人的に欲しかった情報を中心に記しておいてみます。

受験時点の前提知識

  • SE5年目くらい
    • 開発全般にある程度触れてる
    • 直近DBスペシャリストの受験をしたりしていたので、(落ちたけど)DBの知識は少しある

勉強期間(参考)

  • 1週間(12/18に真面目にTableauに触りはじめて12/25受験)
  • Togglで計測してた時間を見ると、時間にして25時間ほど

勉強方法(参考)

  • データサイエンティストを目指す人のための『ゼロからの Tableau 入門』 | Udemy

    • まずはじめにこれを丸々1周した
      • 操作のトレースはせずに、1.5倍速くらいで聴くのに専念して、慣れてきたら2倍速にして時短を図った
        • (まずは全体像把握したかったので)
    • 受験直前まで理解の怪しい・薄いところをこれ見て勉強してた
    • 感想
      • データソース周りの話は「SQLで言うと〇〇か」くらいの感じだったので初見でもそれほど覚えなきゃという感じはなかった
      • たぶん、一部情報が古くなってるところがありそう
        • フィルターの説明の所とか
      • でも基本的には網羅的に概要把握するのにかなり重宝した
  • Tableauを使いこなしたい分析者のための『ゼロからの Tableau Prep 入門』 | Udemy

    • Prep使うかもしれなかったのでこちらも1周した
      • 2倍速で
    • おおむねDesktopとやれることは変わらないので、特にPrepを使う予定が無ければこれを1周せずとも、やるならDesktopの方の講座を2周する感じで良いと思う
  • 【152問収録】Tableau認定資格Desktop Specialist練習問題【2020年12月更新】|資格取得でキャリアアップ支援|note

    • 実技がなくなったことを加味して、一番コスパの良い(と思った)noteの記事を購入してみた
    • 若干「ん・・・?」ってなるような出題もある気がしたので、神経質な人はもしかしたらダメかもわからない
      • 試験も一部日本語が変でちょっと不快な感じだったのでそれが再現されていると言えばある意味厳密に再現されているのかもしれない
    • とりあえず1周した
      • 問題文・解説文だけでピンとこなかったところは適宜実際に動かしながら

受験

  • テストセンターで普通にぽちぽち進めていけば受験できる
  • ITパスポートとかその手のやつを受験したことがあれば特に引っかかる点は無いと思う
  • 受験の注意事項読んでる間にも受験時間の1時間が計測されてるのでそこはちょっとビックリしたけど
  • 上記時間・内容の対策で792点でした。

感想

  • あまり試験の中身を詳細に言及するとまずいと思うけど、とりあえずTableauのインプットとしては上記で十分そうです
    • 実際受かれたので
    • (Prepの講座は本試験の対策においては多分過剰)
  • よくわからないけど、「データペインのメジャーを右クリック⇒作成でビンが作れるよね」、みたいな、Tableauの言葉で操作手順の説明ができるようになっているとよいのかもしれない、よくわからないけど
    • (厳密には数値型のディメンションでもビンは作れますね)
  • 試験の感想というか受講の感想だけど、DB周りはSQLの知識で置き換えて考えられたのですんなり理解できた印象
    • 逆にそこの知識が薄いと、そこ理解するのに少し手間取るのかもなあと想像したりしてた
    • ブレンドっていうSQLにはない概念もあるけど、要はgroup byして粒度合わせてからleft joinするだけかと解釈した
      • (正確かどうかはわかりません)
    • DB以外は、Vizとかディメンションとかメジャーとか割と独特な表現?が多い気がしてちょっと言葉覚えるまでが大変だった

とりあえず受かってよかったです